« 和むわけさ。 | トップページ | 『CUE’S GARDEN』へ行く その1 »

2006/08/11

次郎長を見た洋ちゃん

ゴルゴルゴにて。

オープニングが終わって、皆さんからのメッセージを紹介しましょうと顕ちゃん。いきなり「これ読んで。」と洋ちゃんに託したのは全部、次郎長のらしい。

洋ちゃんは洋ちゃんで、次郎長関連のメールを読もうと選んでたそうだ。

洋 「思いのほか次郎長の感想がないなぁ、一枚しか
   ないなぁと思ったら、おまえが全部そっちに持っ
   てったんだね。」
顕 「全部取っといたんだ、おれ。」

いつも洋ちゃんが何かに出るたびに『見ました。』っていうのを読むから、読ましてやろうと思って取っておいたんだって。
顕ちゃんってば、カワイイ・・・。

洋ちゃんの感想。
初めてああいう風にいろんな役者さんに囲まれてドラマということで。

洋 「生意気なようですけども、私は先輩として、先に
   やらしてもらった先輩として言わせてもらえばすばらしいッ!」
顕 「あぁそうですかぁ。」

洋 「1回目であんなに堂々と、しかもかたさが見えな
   かったですね、そんなに。」

順番に撮ってるわけではないので、第8話分より第9話分を先に撮ったりもしてるらしい。でも、「吉良仁吉と申します。よろしくお願いします。」と挨拶したのが最初だったとか。

洋 「すごいと思った。」

洋 「失礼な話ですけどもね。人って、カッコ良すぎる
   もの笑うじゃないですか?あのぉ、事務所で見
   たんですよ。稽古終わりで。
   スタッフとともに爆笑しましたね。もうダメ・・・。
   安田さんが出ただけで面白いの。
   『出たぁーー!(拍手!)』 
      
それでもう、『吉良仁吉と申します。』
      『ハッハッハッハッ!!カッコイイ』って
      言いながら。」

カッコいいもの見たら笑いたくなるっていうのは、わかるね。
笑顔でもなく、とにかくキメてるのなんか特にね。

|

« 和むわけさ。 | トップページ | 『CUE’S GARDEN』へ行く その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次郎長を見た洋ちゃん:

« 和むわけさ。 | トップページ | 『CUE’S GARDEN』へ行く その1 »