« 『CUE’S GARDEN』へ行く その1 | トップページ | 『CUE’S GARDEN』へ行く その2 »

2006/08/13

ファンタスティックシネマ

モリがゲスト出演のAIR-G『ファンタスティックシネマ』。
朝早いね~これは。日曜の7時なんて寝てる時間だよ。もちろん予約して後で聴いた。

本広監督と二人で出演。

パーソナリティーの坪田さんに「たくさん出てましたね。」と言われてた。

  モリ 「あのね僕わかりやすいんですよ。ちょっと出
      たら存在感あるんです僕。ね、監督ね?」
  監督 「遠近法がくるうぐらいの・・・。でかいですか
      らね。」
  モリ 「顔がでかいんです僕。どこにいても目立つ
      んですよ僕。動いたら『あ、でっけぇの動い
      たなぁ』と。『あぁ、あれ人か。』みたいな。」

モリは、笑わない日がなかったぐらい楽しかったとのこと。撮影中はもちろん、終わって飲みに行ったりすると皆さんおしゃべりが上手で、ずっとエッチな話をして笑ってたとか。

坪田さんが監督に、監督はそんなエッチな話はしないですよねと質問したら「あ、すごいですよ。」と答えてたのでモリが大爆笑してた。「全然そんなことないです。」とフォローもしてた。
えき☆スタ1でもそうだったけど、本広監督はなんでも否定しないのね。

夜はそんな感じで楽しくて、昼は昼でまた楽しかったそうだ。監督の現場の空気作りのうまさだと。
モリは最初、監督の作品に出ることが決まった時に、どんだけおっかない人だろうと思ったらしい。

  モリ 「踊るシリーズを作った人ですよ。その人が
      こんな怖くないわけないもん。こんな初め
      て会ったら友達、みたいなさぁ。
      もう、マスコット的な笑顔でね、ニコニコ
      可愛らしく笑ってるけどもね。」

普通にうどんを食べて“おいしーい”っていう表情ができたのはそういう現場の空気もあるし、特に演技をする必要がなくて素のままでできたとのこと。

そっかぁ。じゃあ、映画館に行ったら“いい演技だなぁ”じゃなくて、“素のままなんだぁ”って思えばいいのかしらね。

|

« 『CUE’S GARDEN』へ行く その1 | トップページ | 『CUE’S GARDEN』へ行く その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンタスティックシネマ:

« 『CUE’S GARDEN』へ行く その1 | トップページ | 『CUE’S GARDEN』へ行く その2 »