« D!アンビシャス | トップページ | ひやあつ »

2006/10/30

ミラクルのはじまり

昨日のモリステをいま聴いてた。

オープニングで『日ハム日本一!』の話題に触れる。日本シリーズは、稽古のため一試合も見れなかったリーダー。

  モリ 「シリーズ一位通過、そしてプレーオフ勝ち抜いて、
      で、今回の日本シリーズ優勝。これね?どっから
      ミラクルが始まってると思いますか、そうッ!!
      シリーズ最終戦。」
  パイパイ 「最終戦。・・・ほう。」
  モリ 「シリーズ最終戦 第一球めは誰が投げたか
      知ってますか?」
  パイパイ 「ハハハ・・・モリーダー!!」
  モリ 「はいっ、シリーズ最終戦先発はわたくし森崎
      でした。」
  パイパイ 「先発じゃない!始球式だろ!やったなぁ。」
  モリ 「そっからやっぱり始まってるわけですよ。」
  パイパイ 「そっから始まったのかなぁ?」
  モリ 「ヒルマンの『シンジラレナイ』は俺にむけて
      言われた言葉なんだよね。」
  パイパイ 「違ぇーだろ!」
  モリ 「俺がね、『も』っていう背番号を背負ってマウンド
      から振りかぶって、第一球!キャッチャーの
      頭上をはるか越える暴投。あそこからですね、
      全ての『シンジラレナイ』、『メイクミラクル』は
      始まったのかなと、今ではわたくしも思って
      おります。」
  パイパイ 「『わたくしも』って。あなたしか思ってねーよ!」

パイパイがどんだけ突っ込もうと、我が道をゆくリーダー(笑) 漫才かいッ!て雰囲気。
漫才っていえば、亀屋の漫才もどんなふうになるのか楽しみだよね~。

あ、亀屋の宣伝してたよ。
「ぶっちゃけ売れてません。宣伝が足りない」と言ってた。いつからか宣伝もせずにお客さんが入るような時代になってしまったが、これじゃイカン!劇団がダメになってしまうと。
演劇は、見る人がいないと演劇じゃないんだ!とも。
熱く語ってた。

けど、最後には「見に来て、お願いだから。面白いと思うんだ。」とちょっと弱々しーく言っておりました。

じゃ、ここにも書いとくかい。
劇団イナダ組 「亀屋ミュージック劇場」
11月1日(水)~11月5日(日) 道新ホール
ローソンのLコードは18174ですよー。

まだ迷ってるあなた!行きましょ、行きましょ。

|

« D!アンビシャス | トップページ | ひやあつ »

コメント

いつもレポありがとうございます♪
わたくしも「シンジラレナ~イ」はあの背文字「も」の男の先発ピッチングから始まったと思っておりますよ。
カメヤ、ミニイキタ~イ!

投稿: ペコ | 2006/10/30 21:14

どっかの大先生と違って負のパワーを全く持ち合わせていないモリで始まったのが良かったのか、なんなのか・・・。
何はともあれ、負けて「俺の大暴投で始まったから・・・」ってならなくて良かったですね。

投稿: のんのん | 2006/11/01 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラクルのはじまり:

« D!アンビシャス | トップページ | ひやあつ »