« 2000年のゴルゴ | トップページ | サンデーにてネプリーグ裏話 »

2007/03/03

東京でアタヤン

昨日のアタヤンは稽古終了後に収録したもので、助演出のタニケンさんと一緒。彼はリーダーの代役をしたり、稽古場で「次、○○から始めまぁす」と仕切ったりと、とても大切な存在。

  琢 「NACSさんについてどう思ってんの?」
  谷 「NACSさんについてですか?
     や、でもねぇ、ワガママだなぁと思うときも
     もちろんあるんですけどー」
  琢 「あるんだ、あるんだぁ。いいよいいよ言っといて」
  谷 「でもやっぱりね、ふとした瞬間にこの人達の後輩で
     良かったなぁとすごく思う」
  琢 「それは例えばさぁ、30日いたら何日思う?
     もしくは30日一緒にいたら何分思う?」

実際に3週間ぐらい東京で一緒に稽古することになるが、この時は上京してから10日。

  谷 「そう思った瞬間ってのは…ま、でも
     2日、3日」
  琢 「(笑)。意外に多かった」
  谷 「大変な時期だからね」
  琢 「そ、大変な時期だから」


続いて、メールで「何のお酒が好きですか?」というのがあり、この話題に。
基本はビールだそうで、タニケンさんから見ても「ビールのイメージしかない」とか。でも他のも飲むことは飲むんだとか。

メールの中に「飲んだらどうなるか」という質問も。
  琢 「俺、どうなの?」
  谷 「ええ?あんまりね、見たこと…や、もちろん
     ありますけど、そんなに変わらないんじゃないかなぁ」
  琢 「変わんないのよ俺、ほんとに」
  谷 「でしょう?」
  琢 「自分でもガッカリするぐらい変わらない」

NACSの中でも自分だけいつも冷静なんだとか。タニケンさんも、他のメンバーはよくホテルの前まで連れてったりするけど、琢ちゃんだけは自分で帰ると言ってた。

確かに今まで、琢ちゃんが酔ってこんなになったとかいう話は記憶にないね。

|

« 2000年のゴルゴ | トップページ | サンデーにてネプリーグ裏話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京でアタヤン:

« 2000年のゴルゴ | トップページ | サンデーにてネプリーグ裏話 »